ニュース32ブログ
ありとあらゆるニュースを完全網羅!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【都知事選】ブログ記事数と得票数は比例関係-テクノラティ調べ
テクノラティジャパンは4月12日、8日に投開票のあった東京都知事選挙の各候補者について書かれたブログ記事数と選挙での得票数との関係についての調査結果をまとめ、発表した。

 調査では、本文中に候補者名の含まれるブログ記事をその候補者について書いているブログ記事とみなし、候補者ごとに、同選挙の公示日である3月22日から投票日前日の4月7日までの間に書かれたブログ記事の合計数をグラフ化、各候補者の実際の得票数と比較している。

 選挙の得票数で1、2、3位だった石原慎太郎、浅野史郎、吉田万三の3氏のブログ記事数は、石原氏が3167本(得票数281万1486票)、浅野氏が2253本(169万3323票)、吉田氏が1003本(62万9549票)で、ブログ記事数と得票数がある程度比例する傾向にあることが分かった。

 なお、調査期間中のブログ記事数が14候補者のうち最も多かったのは外山恒一氏だった。外山氏は政見放送が動画投稿サイト「YouTube」に投稿され、その内容がブログ界で話題になった。(
スポンサーサイト
【太陽の】3選!石原慎太郎東京都知事【季節】
第16回統一地方選は8日、13都道県知事、4政令市長など前半戦の4選挙が投開票された。東京都知事選は、自民、公明両党が支援した石原慎太郎氏(74)が、民主、社民両党の支援した前宮城県知事浅野史郎氏(59)らを破って三選を果たした。北海道、岩手、神奈川、福岡を合わせ自民党、民主党系候補が激突した5都道県では、自民党が3勝2敗と勝ち越した。安倍晋三首相は参院福島、沖縄両選挙区補選、夏の参院選に向け強気で政権運営に臨む構え。9都道県で立候補した現職は全員が当選。政令市長選は札幌、広島で現職が当選を決めた。
【速報!】8県知事選も当選確実
統一地方選の知事選は、福井で西川、三重で野呂、奈良で荒井、鳥取で平井、島根で溝口、徳島で飯泉、佐賀で古川、大分で広瀬各氏の当選が確実。
特定候補者だけが視聴されるのは不公平--AmebaVisionが都知事選の政見放送を削除
 サイバーエージェントは4月6日、AmebaVisionに投稿された東京都知事選の政見放送の動画を削除したことを明らかにした。

 同社は「政見放送は、公職選挙法に基づいて候補者の政見放送をテレビ放映することになっており、その放送回数は各候補者毎に明確に定められております」と理由を説明。今回の削除は特定候補者の政見放送だけが視聴される不公平を是正するための措置だとしている。

 また今後AmebaVisionへ動画を投稿する際は、公職選挙法に抵触したり、不公平な選挙活動を助長する動画をアップロードしないように注意を促している。

 この発表はAmebaVisionのスタッフブログで公開されたが、コメント欄には「放送時間が定められ、見れない人もいるテレビというメディアで、決められた放送回数だけ放送することが、万人にとっての『公正』とは、どう取っても思い難い」と述べるユーザーもいる
ネット流出、見放題 都知事選候補者の政見放送
 東京都知事選候補者の政見放送が、インターネットの動画投稿サイトで“見放題”の状態となっており、都選挙管理委員会はサイト側に映像の削除を要請した。政見放送をネットで見ることができるのは有権者にとって利点とも言えるが、内容をちゃかした改変版もあり、誹謗(ひぼう)中傷につながる恐れも。現行公選法には、ネットでの選挙運動に関して明確な規定がなく、早急な法整備を求める声も上がっている。 (東京/放送芸能部・近藤晶)

 都知事選でのテレビの政見放送は三月二十五日から四月五日にかけ、NHKとテレビ朝日で放送された。初回の放送直後から、過激な発言をした候補者の政見放送が動画サイトに投稿され、ネット上で一気に広まった。

 米大手動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」では、この候補者名で検索すると八十近くの動画がヒットする。都選管によると、音楽や映像を編集した改変版は確認しただけで四十三種類あり、合計アクセス数は数十万件に上るとみられる。

 政見放送は、公選法で放送時間や回数が制限されているが、ネットへの流出は想定外の事態。都選管の担当者は「文書図画の頒布にあたり、公選法に抵触する可能性がある。好ましい状態ではない」と、削除要請に踏み切った。

 政見放送は有権者の重要な判断材料。都選管の世論調査によると、前回の都知事選(二〇〇三年)後に「候補者を決めるのに役立ったものは何か」(複数回答)を聞いたところ、テレビの政見・経歴放送(27・5%)は、選挙公報(27・6%)、テレビ・ラジオの選挙報道(同)に次いで多かった。〇五年の衆院選では、テレビの政見放送(34・8%)が堂々の一位。政見放送がネット配信されれば、ネットを利用する若い世代の投票行動に影響を与える可能性もある。

 政治家がホームページ(HP)やブログで政策を主張したり、政治活動を報告したりするのは、もはや常識とされ、政治とネットは切り離せない。しかし、総務省は〇二年八月、「IT時代の選挙運動に関する研究会」の報告書でHPによる選挙運動の解禁を提言したものの、公選法改正には至っていない。

 同研究会の座長を務めた蒲島郁夫・東大法学部教授(政治学)は「報告書も想定していなかった形で、公選法に規定がなく、今は野放しの状況ではないか。テクノロジーの進化は飛躍的。それを見越してネットと選挙運動について政治家と政党が真剣に考えるべきだ」と話している。
関東以北、曇りがちの予報/前半戦投票日の天気
 東京都知事選など統一地方選前半戦の投開票日が8日に迫った。気象庁の6日の予報では、西日本は当日、晴れ間が広がるが、気圧の谷の影響で、東京は曇り、関東以北はすっきりしない天気となりそうだ。

 同庁によると、北・東日本は寒気の影響も加わって雲が広がる見込み。知事選のある北海道の南部と、岩手県の北部沿岸は雨や雪模様の可能性がある。

 東京都知事選立候補者の陣営からは「投票率は雨や快晴だと下がるが、曇りはちょうどよい。55-57%ぐらいか」「天候に関係なく投票率は50%を超えるのでは」との声も。前回の投開票日は晴れ、投票率44・94%だった。

 知事選と政令市長選のある各地の予報は次の通り。

 ▽北海道 南部は曇り一時雨か雪。それ以外は曇り。札幌市は曇り一時雨か雪。

 ▽岩手県 曇り。北部沿岸は曇り一時雨。

 ▽東京都(島しょ部除く)と神奈川県 曇り。

 ▽静岡、浜松両市と三重、奈良両県 曇り時々晴れ。

 ▽福井、鳥取、島根、徳島各県と広島市 晴れ時々曇り。

 ▽福岡、佐賀、大分各県 晴れのち曇り。
京都市、タウンミーティング不正抽選を内閣府に依頼
内閣府と京都市教委が2005年11月に同市で開いたタウンミーティングを巡る不正抽選問題で、市教委が、一部の参加者を抽選と無関係に選定するよう内閣府に依頼するメールを送っていたことが、市民団体「タウンミーティング訴訟を支える会」(京都市)の情報公開請求でわかった。同会は「市教委が選別に深く関与していたのは明らか」として5日、市教委に抗議文を提出した。

 内閣府が一部開示したのは、開催前に市教委の担当者から内閣府担当者あてに送信されたメールと、添付された応募者リスト。リストには「当選」「一応当選に」「教委ダミー」と割り振った記載があり、内閣府は、これをもとに「当選」「一応当選に」の計78人に参加証を発送したという。

 市教委はこれまで「当落は内閣府の判断」と主張、政府の調査委員会に「リストは記憶にない」と報告していた。同問題を巡り、落選させられた応募者が京都市と国を相手に提訴しており、市教委は「訴訟の場で見解を主張する」としている。
2児拉致事件に5人が関与、指示役の女の逮捕状請求へ
 1973年に行方不明になった埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)の渡辺秀子さん(当時32歳)の2人の子どもが北朝鮮に拉致されたとされる事件で、母子の監禁から2児の拉致まで、渡辺さんの夫が勤務していた貿易会社の関係者のうち、少なくとも5人が関与していたことが警察当局の調べでわかった。

 その1人で同社社員の女は、指示役の女(59)の命令で、2児の世話をしていたという。警察当局は、5人の役割を特定したうえで国外移送目的拐取容疑で、北朝鮮で暮らしているとみられる指示役の女の逮捕状を請求する方針。

 渡辺さん母子の監禁や2児の拉致に関与した疑いがあるのは、品川区の貿易会社「ユニバーストレイディング」(78年ごろ活動停止)の役員をしていた指示役の女と、2児の世話をした社員の女、同じく社員の男3人の計5人。いずれも北朝鮮の工作員とみられる。

 警視庁公安部と兵庫県警によると、ユニバーストレイディングの当時の関係者は、「目黒区内の工作員の部屋で女性が殺された」などと、渡辺さんが殺害されたことを示唆する供述をしたほか、指示役の女の命令で、当時社員として在籍していた男が殺害を実行したことや、この男らが遺体を車で運び出して遺棄したことも明らかにしたという。殺害の時期は母子が消息を絶った直後の73年12月ごろとみられる。

 さらに、別の関係者は、渡辺さん殺害の実行役とされる男から「『子どもに睡眠薬を飲ませた』など北朝鮮に拉致した際の経緯を聞かされた」と供述。「社員の女が一時期、監禁されていた2人の子どもの世話をした」「2人の子どもは、(渡辺さん殺害の実行犯とされる男を含む)社員の男らが車で運んだと聞いた」と話している関係者もいるという。5人のうち指示役の女は79年5月、出国したが、最近まで北朝鮮で暮らしていることをうかがわせる手紙が国内の知人に届いており、警察当局では、生存している可能性が高いとみている。
西群馬病院 医療現場をシステム化して患者の待ち時間を短縮
独立行政法人国立病院機構の西群馬病院は,5月1日から新しい医療システムを稼働させる。患者の待ち時間を短縮し、満足度を高めることを狙う。新システムは、従来、紙で処理していた検査の指示や薬の処方などを電子化して一元管理する。医師や看護師がいる診療科と、薬剤部や臨床検査部をネットワークで結び、これらの指示が関連部署に迅速に届くようにした。

 ソフトは、富士通の医療パッケージ「HOPE/EGMAIN-FX」を採用。ハードは、8台のIAサーバーと150台のパソコン、60台のプリンタから成る。HOPE/EGMAIN-FXは、電子カルテの機能を備えるが今回、電子化は見送って、患者の待ち時間の短縮に絞った。医師や看護師の負荷を考慮したためだ。導入は、富士通サポート&サービスが手掛けている。開発費用は2億5000万円である。
星野監督、いじめ防止訴え 安倍内閣メルマガなどで
 「負けない子どもをはぐくもう」-。12日配信予定の「安倍内閣メールマガジン」や、政府の「インターネットテレビ」で野球日本代表の星野仙一監督がいじめ問題に悩む親や子どもに向け、自らの経験談などを交えいじめ防止を訴える。

 星野監督はメルマガのメッセージで、現役時代の最終盤に「娘が『おまえのお父さんまた打たれたな』『よく負ける』などと学校で言われたことを、泣きながら妻に話しているのを聞いてしまったことがある」とエピソードを紹介。その上で、親が子どもとコミュニケーションを取り、子どもの変化に気付くことの大切さを説いている。

 また「いじめを見て見ぬふりをするのは、一番ずるい勇気のない人間だ。これに負けてはいけない」と呼び掛けた。

 インターネットテレビでは、こうしたメッセージを、星野監督が動画で語りかける。このほか、5月ごろから、テレビでの政府広報「ストップ!いじめ」のスポットCMなどにも登場する。
「きちんと対応を」ODA額の日本3位転落で麻生外相
 麻生外相は6日の記者会見で、経済協力開発機構(OECD)の調査で2006年の日本の政府開発援助(ODA)額が英国に抜かれ3位に転落したことについて、「きちんと対応しないと、来年には4位か5位になる。

 GDP(国内総生産)2位の日本が(ODAで)3位、4位、5位と落ちていくのはいかがなものか」と述べ、ODA減額に歯止めをかけるべきだとの考えを示した。

 政府は財政再建のためODAの削減を続けており、ODA予算は97年度(1兆1700億円)をピークに減額が続き、07年度は前年度比4%減の7300億円となっている。06年の「経済財政運営と構造改革に関する基本方針(骨太の方針)」では、ODA予算を07―11年度の5年間、毎年2―4%削減する方針を決定している。ODAを増額している4位のドイツ、5位のフランスとの差も縮まっている。

 08年には日本で、ODAが主要課題となる見通しの主要国首脳会議(サミット)や、5年ぶりの「アフリカ開発会議」(TICAD)が開かれる予定で、外相は08年度予算編成で増額への転換を目指す考えだ。
「娘や孫のこと知りたい」/ルーマニアの「拉致」家族
北朝鮮による拉致被害者家族会の増元照明事務局長らが5日に面会した、北朝鮮に拉致されたとみられるルーマニア人女性ドイナ・ブンベアさんの家族は、日本政府や拉致被害者家族会の拉致問題への取り組みに感謝し、協力する意向を示しながら、「娘や孫が(北朝鮮で)どうしていたか知りたい」(母親のペトラさん(77))と話している。

 ペトラさんは「料理や裁縫が得意で、母親の言うことをよく聞き、家族思い。頼まれれば嫌とは言えない子でした」と振り返る。

 1950年生まれのドイナさんは70年にイタリアに渡り、画家やモデルとして活動。78年9月、「日本の画廊で良い条件で働くことになった」との母親への電話を最後に消息を絶った。

 ペトラさんらは行方を捜したが、外国旅行もままならぬ当時の共産主義政権下で、手掛かりはつかめないまま。安否を気遣い続けた父親は89年に亡くなった。
統一選前半戦、8日投票 格差や合併、地方自治を問う
第16回統一地方選挙の前半戦、13都道県知事、4政令市長、44道府県議、15政令市議の4選挙が8日、投開票される。地域間格差や「平成大合併」を経た地方自治の在り方について、有権者の選択が問われる。自民党系候補と民主党系候補が対決した5都道県知事選のうち、東京、北海道、福岡では自民、公明両党が推薦・支援する現職が一歩リードしている。
東京都知事選挙・外山恒一さんの政見放送の文字起こし
東京都知事候補 無所属 外山恒一 36歳
反管理教育運動を出発点に
異端的極左活動家となり
いまどき 政治犯として 2年投獄され
現在に至るも反体制知識人

では続いて 外山恒一さんの政見放送です



・・・・

「有権者諸君!私が外山恒一である!
諸君!この国は最悪だ!
政治改革だとか何とか改革だとか、
私はそんなことには一切興味がない!

あれこれ改革して問題が解決するような、
もはやそんな甘っちょろい段階にはない!
こんな国はもう見捨てるしかないんだ、
こんな国はもう滅ぼせ!

私には、建設的な提案なんか一つもない!
今はただ、スクラップ&スクラップ、全てをぶち壊すことだ!

諸君!私は諸君を軽蔑している!
この下らない国を!そのシステムを!
支えてきたのは諸君に他ならないからだ!
正確に言えば、諸君の中の多数派は、私の敵だ!

私は、諸君の中の少数派に呼びかけている!
少数派の諸君!今こそ団結し、立ち上がらなければならない!
奴ら多数派はやりたい放題だ!
我々少数派が、いよいよもって生きにくい
世の中が作られようとしている!

少数派の諸君!選挙で何かが変わると思ったら大間違いだ!
所詮選挙なんか、多数派のお祭に過ぎない!
我々少数派にとって選挙ほど馬鹿馬鹿しいものはない!
多数決で決めれば、多数派が勝つに決まってるじゃないか!

じゃあどうして立候補しているのか?
その話は、長くなるから、掲示板のポスターを見てくれ!
ポスターは二種類あるから、どちらも見逃さないように!

私は、この国の、少数派に対する迫害にもう我慢ならない!
少数派の諸君!多数派を説得することなど出来ない!
奴ら多数派は、我々少数派の声に耳を傾けることはない!
奴ら多数派が支配する、こんな下らない国は、
もはや滅ぼす以外にない!

改革なんかいくらやったって無駄だ!
今進められている様々の改革は、
どうせ全部全て奴ら多数派のための改革じゃないか!
我々少数派は、そんなものに期待しないし、勿論協力もしない!

我々少数派はもうこんな国に何も望まない!
我々少数派に残された選択肢はただ一つ!
こんな国はもう滅ぼすことだ!
ぶっちゃけて言えば、もはや政府転覆しかない!

少数派の諸君!これを機会に、
政府転覆の恐ろしい陰謀を、共に進めていこうではないか!
ポスターに、連絡先が書いてあるから、
選挙期間中でも、終わってからでもかまわない!
私に一本電話を入れてくれ!
勿論、選挙権のない未成年の諸君や、
東京都以外の諸君でもかまわない!
我々少数派には、選挙なんか元々全然関係ないんだから!

最後に、一応言っておく!
私が当選したら、
奴らはビビる!!
私もビビる!!

外山恒一に悪意の一票を、
外山恒一にやけっぱちの一票を!
じゃなきゃ投票なんか行くな、
どうせ選挙じゃ何も変わらないんだよ!!」


・・・・

無所属 外山恒一さんの政見放送でした
東国原知事イライラ 地元紙を「御用新聞」と批判
宮崎県の東国原英夫知事が、報道への不満を募らせている。2007年4月2日の「タミフルで異常に」の発言に対し寄せられた批判に対し、謝罪する一方で「言論統制の枠内に入るのでは」と苛立ちも見せている。矛先は地元紙の宮崎日日新聞にも向かい、「(同新聞は)御用新聞だ」との発言も飛び出した。

宮崎日日新聞と因縁の「バトル」?

3月中旬、外国特派員協会で講演した東国原知事 4月2日の入庁式の中で、地元紙の宮崎日日新聞の社説を取り上げ、「御用新聞だ」と批判した。知事と宮崎日日を巡っては、2月にもバトルがあった。東国原知事が自身のブログの中で、やはり社説に関連し、「(同新聞に)公開討論会を申し込んだが断られた」と批判、しかし後に申し込んだ事実がなかったことが分かり、知事が訂正したという経緯がある。

今回の社説は、知事が宮崎県の人と自然の潜在力の高さを評価する発言に対し「半分はリップサービスだろう」と触れた。知事はこれに対し、新入職員を前にしたあいさつで「リップサービスではない」と反論、「御用新聞」発言が飛び出した。

当の宮崎日日新聞の受け止め方はどうか。J-CASTの取材に対し、同社報道部幹部は

「知事は、(同新聞は)『御用新聞です』の発言に続け『県を代表する新聞です』と言い直している」
と指摘。

「そもそも御用新聞の言葉の使い方に違和感がある。権力を擁護する新聞のことで、うちは批判すべきは批判してますからね」
とも話した。「抗議する考えはない」と音なしの構えを見せるが、火種はくすぶっていることをうかがわせる「反論」でもある。

「タミフル発言謝罪」にも不満?
もっとも東国原知事のマスコミに対する苛立ちは、これだけではない。発端はインフルエンザで一時入院していた東国原知事が、宮崎県庁の新年度行事で、新入職員や幹部職員らを前に「タミフルを5日間飲み放題飲んだ。異常行動、異常言動に走るかもしれませんが、広い心で受け止めてほしい」などと発言した。これに対し批判が寄せられたこともあり、当初から予定が入っていた定例会見の冒頭、「不快に思われた方がいるのは事実。申し訳ありませんでした」と謝罪した。

一方で、「そこまで細かく批判され、訂正を求められるのも如何なものかな」とも述べ、「言論統制の枠内に、非常にグレー(ゾーン)ですけど入るんじゃないかな」と不満を漏らした。どっちが本音なのか。大手マスコミのインターネットニュースの見出しでも「発言撤回」、「謝罪」から「知事が『問題ない』」と重点の置き方が分かれた。

東国原知事は、会見で謝罪する直前、「シニカルというかユーモアを交え社会風刺をしたつもり」と弁解。さらに「(そうした)高度な本質が」と2回繰り返した上で「十分に伝わっておらず」と続け、苛立ちとも受け取れる発言を続けた。

幹部職員を前にした2日の発言では「部長はいらない。現場の実動部隊が重要」と述べた後、「(問題発言があれば)タミフルのせいだと思ってください」と続けた。意識改革を迫る厳しい発言をさらりとジョークで角が立たないよう工夫したようにも見える。また、同日の会見中、「タミフルと異常行動の関係は立証されていないというが、本当は・・という皮肉なんですよね」とぽつりともらしもした。

宮崎県庁へは3日夕現在、「タミフル発言」に対する約60件の意見が寄せられたという。同県秘書広報課は「内容はとりまとめ中」と明らかにしなかったが、関係者によると、応援よりも批判が「やや多いくらいか」という。

テーマ:ポケットモンスター - ジャンル:日記

copyright © 2005 ニュース32ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。