ニュース32ブログ
ありとあらゆるニュースを完全網羅!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松坂とイチローの初対決 関西の視聴率は8.9%
大リーグで松坂大輔投手とイチロー選手が初めて直接対戦した12日(日本時間)のレッドソックス対マリナーズ戦を中継したNHK総合の視聴率が13日、ビデオリサーチから発表された。午前8時35分からの75分間は、関西地区が8.9%、関東地区は10.7%。中国の温家宝首相の国会演説中継などをはさんだ午前10時49分から11分間は、関西地区5.1%、関東地区4.8%だった。
スポンサーサイト
【ヤワラちゃん】谷、野村らを選出 柔道の世界選手権代表
全日本柔道連盟は8日、福岡市内で男女の強化委員会を開き、世界選手権(9月・ブラジル)の代表に女子48キロ級で五輪2連覇の谷亮子(トヨタ自動車)らを選んだ。世界選手権の各階級5位までの国・地域には、北京五輪の出場枠が与えられる。

 谷は2年ぶりの復帰戦となった同日の全日本選抜体重別選手権決勝で敗れたが、これまでの実績が評価された。男子60キロ級で五輪3連覇の野村忠宏(ミキハウス)は順当に選出された。

 男子の100キロ級、100キロ超級、無差別級は全日本選手権(29日)終了後、女子の78キロ超級と無差別級は全日本女子選手権(22日)後に代表を決定する。

 代表は次の通り。

【男子】

 60キロ級 野村忠宏(ミキハウス)▽66キロ級 秋本啓之(筑波大)▽73キロ級 金丸雄介(了徳寺学園職)▽81キロ級 塘内将彦(旭化成)▽90キロ級 泉浩(旭化成)

【女子】

 48キロ級 谷亮子(トヨタ自動車)▽52キロ級 西田優香(淑徳大)▽57キロ級 佐藤愛子(了徳寺学園職)▽63キロ級 谷本歩実(コマツ)▽70キロ級 岡明日香(コマツ)▽78キロ級 中沢さえ(綜合警備保障)

 フィギュアスケートの世界選手権女子で優勝した安藤美姫(19)=トヨタ自動車=がプロによる北米の人気アイスショー「スターズ・オン・アイス」からの招待を受け、約2週間の海外公演に参加することが4日、わかった。関係者によると、安藤の本格的な海外ツアー出演は初めて。同日、中部国際空港から出発した。
大相撲の「八百長疑惑」訴訟の第1回口頭弁論から一夜明けた6日、神奈川県小田原市で行われた春巡業で原告となった力士たちはさまざまな反応を示した。

 週刊誌で疑惑の中心人物とされた横綱朝青龍は自らが法廷に立つ可能性について「すごいね。見てみたい。楽しみだよ」と冗談めかした後、真剣な目で「勝つのは当たり前なんだから、おれはあまり気にしていないんだよ」と強気な姿勢。頭痛や高血圧を治療しながら巡業に参加中の大関栃東は「名前を勝手に使われ、勝手に書かれたことが名誉棄損。どんどんやった方がいい」と話した。

 春場所を制した大関白鵬は「おれが言うことじゃない」と硬い表情。関脇琴光喜は「徹底的に戦ってほしいけど、自分らが何かをするのは…」と出廷には消極的だった。
【フィギュア】海外ツアー公演に安藤美姫が初参加!
 フィギュアスケートの世界選手権女子で優勝した安藤美姫(19)=トヨタ自動車=がプロによる北米の人気アイスショー「スターズ・オン・アイス」からの招待を受け、約2週間の海外公演に参加することが4日、わかった。関係者によると、安藤の本格的な海外ツアー出演は初めて。同日、中部国際空港から出発した。

 「スターズ・オン・アイス」はトリノ五輪女王の荒川静香が出演した「チャンピオンズ・オン・アイス」と並ぶ伝統のショー。安藤は5日のトロントから16日のカルガリーまで、カナダの7公演にゲスト出演する。

 女子2位の真央も18日からのカナダでの2公演に出演する。
【悲劇】欧州でまた乱闘 ファンら8人負傷
5日にセビリア(スペイン)で行われたの欧州連盟(UEFA)カップ準々決勝、セビリア(スペイン)―トットナム(イングランド)第1戦で、トットナムのサポーターが試合会場で警官隊と乱闘騒ぎを起こした。地元報道によると、7人のファンが病院で手当てを受け、警官1人が負傷したという。

 欧州チャンピオンズリーグの準々決勝第1戦があった4日にも、ローマ(イタリア)とマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の試合で乱闘事件が起きている。
【奥さんも興奮】松坂の鮮烈デビューに祝福と絶賛
松坂の鮮烈なメジャーデビュー戦初勝利に、日本のプロ野球界でも祝福と称賛の声が広がった。

 パ・リーグの小池会長は「勝ってよかった。並の投手ではない」と感嘆の声を上げた。

 高校時代からのライバルで“松坂世代”と呼ばれる選手の代表格として活躍する和田(ソフトバンク)はテレビの再放送を見て、登板後の松坂と電話で言葉を交わしたという。

 神奈川・横浜高時代の1998年に甲子園で一緒に春夏連覇を果たした小池(横浜)は「昔から大舞台には強い。自信のある顔をしていた」と印象を語った。

 昨年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でともに戦い、優勝した日本代表のメンバーだった松中(ソフトバンク)は「国際舞台は何度も経験しているから、これくらいはね」と驚く様子はなく、宮本(ヤクルト)は「あらためて、もったいない人が向こう(米国)に行っちゃったなと思った」と残念がった。
【中に出せ!】魔裟斗 HIROYAに“大人な助言”
K-1ワールドMAXの4日・横浜大会の一夜明け会見が5日、都内で開かれ、魔裟斗は「朝まで飲んでまして、二日酔いで気持ち悪い。非常につらい」と明かし、HIROYAに「彼女いるの?モテるんじゃないの?オレだったらタイなんて行かないね」と“からみ酒”。女性人気が上昇しそうな15歳に先輩として「S○Xしてもいいけどゴムはしろよって。妊娠させたりして女の子を傷つけたりしないように」と、豪快すぎる助言を送った。自身はゴールデンウイークから合宿入り。「まだ強くなる実感があるので楽しみ」と、開幕戦に備えて強化にまい進する。
中村俊輔、FK決め今季8点目…セルティックは分ける
 サッカーのスコットランド・プレミアリーグで中村俊輔が所属するセルティックは31日、ダンディーでダンディー・ユナイテッドと対戦し、中村が今季のリーグ戦8点目となる得点を挙げて1―1で引き分けた。

 右MFでフル出場した中村は0―0の48分に直接FKを決めた。しかし、リーグ戦2連敗中だったチームは終了間際に失点して白星を逃した。(共同)
ガラタサライ・稲本、フル出場で逆転勝利に貢献
 サッカーの欧州各リーグは1日、各地で行われ、トルコ1部リーグのガラタサライに所属する稲本潤一は、アウエーでのアンカラギュジュ戦に守備的MFとしてフル出場し、2―1の逆転勝利に貢献した。(共同)
リバプール完勝、バイエルンは引き分け…欧州CL
 【アイントホーフェン(オランダ)=千葉直樹】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は3日、準々決勝(ホーム・アンド・アウエー方式)の第1戦2試合が行われ、リバプール(イングランド)がPSVアイントホーフェン(オランダ)に3―0で完勝。

 バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)はACミラン(イタリア)と2―2で引き分けた。リバプールは27分にMFジェラードのヘッドで先制すると後半にも2点を追加して、準決勝進出に大きく前進した。

 点の取り合いとなったもう一試合は、バイエルンのDFバンビュイテンが、後半ロスタイムの終了直前にこの日2点目となる同点ゴールを決めて追いついた。第2戦は11日。
ローマがマンUに先勝、チェルシー引き分け…欧州CL
 【ローマ=若水浩】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は4日、準々決勝(ホームアンドアウエー方式)の第1戦2試合が行われ、ローマ(イタリア)が、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)を2―1で下し、チェルシー(イングランド)とバレンシア(スペイン)は1―1で引き分けた。

 ローマは、スコールズの退場で10人となったマンUから先制点を奪ったが、ルーニーのゴールで同点とされた。しかし、途中出場のブチニッチが決勝点を挙げた。先制を許したホームのチェルシーは、ドログバのゴールで引き分けに持ち込んだ。第2戦は10日に行われる。
マンUサポーターが警官隊と衝突、18人が重軽傷
【ローマ=若水浩】4日にローマで行われたサッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)、ローマ―マンチェスター・ユナイテッド戦で、マンUのサポーターと警官隊が試合中に衝突し、観客にけが人が出た。

 前半終了間際に先制されたマンUのサポーターが、ローマのファンらに向かって物を投げ始めたのが発端。ハーフタイムに入ると警官隊と小競り合いに。警官は警棒で殴るなどして騒乱を鎮圧した。

 また、イタリアANSA通信によると、このほか試合前にはスタジアム周辺でサポーター同士の乱闘があり、18人が負傷し、うち英国人1人は重傷だという。
大垣日大ナイン、母校に帰る 笑顔の報告…心は夏へ
 大垣日大の選手三十二人は四日、大垣市林町の母校に帰り、出迎えた保護者や生徒、教職員ら約二百人に、笑顔で報告した。

 バスで大阪市内の宿舎を出発し、午後二時前に学校へ到着。首から銀メダルを下げて準優勝旗を持ち帰った選手たちは、吹奏楽の演奏に合わせて、生徒や教職員らでつくった花道を堂々と行進した。その際に「お疲れさま」「よくやった」との温かい言葉と拍手がわき上がった。

 阪口慶三監督は「高校生の夢の舞台で五試合も戦うことができた。準優勝で十分だ」とナインの健闘をたたえ、「夏はもう近い。次も大垣日大の魂を見せたいと思います」と力強く話した。

 五試合を投げ抜いた森田貴之投手は「全国の強豪たちと戦ったことは自信につながった。より制球力を磨きたい」と夏に向けて意気込んだ。

 「(大垣市内で)バスから『準優勝おめでとう』の垂れ幕を見て、さらに実感がわいた」と喜びをかみしめる小林和稔主将は「入部してくる新たな力とともに頂点目指して頑張りたい」と次を見据えた。
常葉菊川 桜舞う中凱旋 優勝報告会で応援に感謝
選抜高校野球大会で初優勝した常葉菊川の選手たちが4日午後、菊川市半済の学校に戻った。ナインは満開の桜並木を紫紺の優勝旗を先頭に凱旋(がいせん)。駆け付けた市民ら1500人が「おめでとう」「よくやった」と大歓声と拍手で迎えた。

 常葉菊川の選手たちは、優勝報告会で応援に感謝。市民らの大歓迎に全国制覇の余韻に浸りながらも、夏に向けての決意も新たにした。

 報告会では、佐野心野球部長を先頭にベンチ入りの18人が笑顔で入場。割れんばかりの拍手と歓声が続く中、ひな壇に一列に並んだ。

 吉村耕司校長は「立派な成績で帰って来られたのも多くの方々に支援していただいたおかげ」とあいさつ。森下知幸監督は「皆さんの期待に応えられて良かった。もっと強いチームをつくっていきます」と感謝の言葉を述べた。

 続いて、相馬功亮主将が「僕たちが優勝できたのも市民の皆さんや静岡県民の方々の応援があったから。夏に向けて頑張りますので応援よろしくお願いします」と叫ぶと、「そうだ」「頑張れ」と声援が飛んだ。

 市民や在校生も選手の晴れ姿を温かく見守った。父母の会の田中鉄雄さん(56)は「甲子園が選手を成長させたのか一回り大きく見える」と目を細めた。相馬主将とクラスメートの松村早織さんは「広い舞台で活躍してすごくかっこいい。ちょっと遠い存在に思える」とも。佐野部長の妻三千代さん(32)は「ゆっくり休ませてあげることもできないと思いますが。今日は手料理で出迎えます」と話した。
ヤクルト・藤井秀悟、渡辺真理との熱愛報道否定
フリーキャスターの渡辺真理(39)との熱愛を2日発売の「週刊ポスト」で報じられたプロ野球ヤクルトの藤井秀悟投手(29)が同日、「知人として食事にいっただけです。彼女のほうが100倍有名人なので迷惑をかけてしまった」とコメント、交際説を否定した。
 同誌によると、渡辺は3月22日夜、藤井の運転する車に同乗し東京・神宮前の交差点で停車中に熱いキスを交わした。その後、東京・赤坂の串揚げ店で2人きりで食事を楽しんだという。渡辺は同誌の取材に「昔からの知人。交際していませんし、結婚もありません」と話していた。
「厳正に対処」と根来代行 プロ野球西武の裏金問題
プロ野球西武の裏金問題に関する調査委員会(池井優委員長=慶大名誉教授)が、新人獲得に際し、球団が長期間、組織的に不正行為をしていたことを公表した四日の中間報告は球界に波紋を広げた。

 根来泰周コミッショナー代行は五日、東京都内のコミッショナー事務局で「旧思想や古いしきたりから脱却することが今の野球界全体の課題。最終報告を聞いて厳正に対処する」と語った。

 日本学生野球協会の内藤雅之事務局長は同日、「コミッショナーの判断でアマ側の対応が決まっていく。その内容次第では、氏名の公表を要求する可能性はある」と語った。

 西武の調査委員会の中間報告では高校、大学の監督など延べ170人のアマ関係者が謝礼を受け、5選手が裏金を受け取っていたことが判明。西武の伊東勤監督は太田秀和オーナー代行に対し、5人の選手名の公表を避けるよう配慮を求めた。球団側は現時点では公表を控える方針。

 12球団で構成する実行委員会の議長を務める小池唯夫パ・リーグ会長はアマチュアを含めた球界全体の徹底した再発防止の必要性を強調した。小池議長は「プロ、アマを含めて出直し改革に取り組んでいく時期にきている。信頼を取り戻さないといけない」と危機感を募らせた。

 また、新人選手の契約金規定をはるかに上回る総額約12億円の超過契約金が支払われたことも判明したが、根来コミッショナー代行は二十日に発足する新ドラフト制度検討委員会でこの問題を議論する方針を示唆。「違法かどうか、きっちりしておかないといけない」と話した。
copyright © 2005 ニュース32ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。