ニュース32ブログ
ありとあらゆるニュースを完全網羅!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤ちゃんポストを許可 国内初、匿名で新生児保護
 親が育てられない新生児を匿名で受け入れようと、熊本市の慈恵病院が計画している「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)について、同市の幸山政史市長は五日、同日付で設置を許可したと発表した。ドイツなど欧州を中心に同様の取り組みが既にあるが、国内での本格的な施設は初めて。

 「命を救うための緊急措置」と評価する声がある一方、「捨て子の助長につながる」との批判も根強く賛否は分かれている。市は赤ちゃんを預ける行為が保護責任者遺棄罪に当たらないかなどを国に確認した上で許可を判断。「(設置が)ただちに関係法令に違反しているとは言い切れない。許可しない合理的理由はない」としている。

 慈恵病院は近く設置工事を始め、早ければ今月末にも運用を始める。

 これを受けて厚生労働省は同日、出産や育児に悩みを持つ人のための相談窓口の周知を図るよう、都道府県などに緊急に通知した。

 同病院は新生児の産み捨てなどを少しでも減らそうと、ドイツの現状などを視察した上で設置を計画。病院の外壁を改造して外から開けられる扉を付け、赤ちゃんを養育できなくなった親が匿名で預けられるよう、昨年十二月、医療法に基づく施設の変更許可を熊本市保健所に申請していた。

 幸山市長は会見で「現実に遺棄される赤ちゃんがおり、最終手段としてこういう施設が必要という個人的な思いはあった」などと説明。

 できるだけポストが使われることがないよう努力するべきだとの考えを強調し、望まない妊娠に悩む人らの相談態勢を充実させるとした。具体的には市役所に「妊娠に関する悩み相談電話」を月内にも設置し、二十四時間態勢で相談を受け付ける。

 病院には賛否双方の意見が寄せられている。政府は法律上問題があるとはいえないとの立場だが、安倍晋三首相が二月に「大変抵抗を感じる」と強い反対姿勢を示したほか、閣僚からも慎重論が相次いでいた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 ニュース32ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。