ニュース32ブログ
ありとあらゆるニュースを完全網羅!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都市、タウンミーティング不正抽選を内閣府に依頼
内閣府と京都市教委が2005年11月に同市で開いたタウンミーティングを巡る不正抽選問題で、市教委が、一部の参加者を抽選と無関係に選定するよう内閣府に依頼するメールを送っていたことが、市民団体「タウンミーティング訴訟を支える会」(京都市)の情報公開請求でわかった。同会は「市教委が選別に深く関与していたのは明らか」として5日、市教委に抗議文を提出した。

 内閣府が一部開示したのは、開催前に市教委の担当者から内閣府担当者あてに送信されたメールと、添付された応募者リスト。リストには「当選」「一応当選に」「教委ダミー」と割り振った記載があり、内閣府は、これをもとに「当選」「一応当選に」の計78人に参加証を発送したという。

 市教委はこれまで「当落は内閣府の判断」と主張、政府の調査委員会に「リストは記憶にない」と報告していた。同問題を巡り、落選させられた応募者が京都市と国を相手に提訴しており、市教委は「訴訟の場で見解を主張する」としている。
スポンサーサイト
copyright © 2005 ニュース32ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。