ニュース32ブログ
ありとあらゆるニュースを完全網羅!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【またか】都知事選は石原氏が3選 『対決型』は自民が3勝2敗
第16回統一地方選は8日、13都道県知事など前半戦の4選挙が投開票された。東京都知事選は、自民、公明両党が支援した石原慎太郎氏(74)が、民主、社民両党の支援した前宮城県知事、浅野史郎氏(59)らを破って3選を確実にした。北海道、福岡で自民党系候補、岩手、神奈川で民主党系候補がそれぞれ当選確実となり、対決型の5都道県知事選は、自民党が3勝2敗と勝ち越した。安倍晋三首相は参院福島、沖縄両選挙区補選、夏の参院選に向け強気で政権運営に臨む構え。9都道県で立候補した現職は全員が当選確実に。4政令市長選では、札幌、広島で野党系の現職が当選確実になった。44道府県議選、15政令市議選は9日未明には大勢が判明する見通しだ。



★都知事選は石原氏の3選確実に-浅野氏を大きく引き離す

 「石原都政」の継続か転換かが最大の争点となった東京都知事選は8日、自民、公明両党が支援する現職の石原慎太郎氏(74)が、民主、社民両党の支援を受けた前宮城県知事の浅野史郎氏(59)、共産党推薦の元足立区長、吉田万三氏(59)らを破り、3選を確実にした。

 午後7時半現在の推定投票率は44.90%で、投票率は最終的に50%を超す見通し。共同通信の出口調査では、石原氏の支持は各世代で浅野氏を上回った。

 都知事選は前回の5人を上回る14人が立候補。石原氏は、高額な海外出張費などへの批判が相次ぎ、逆風の選挙戦だったが、自民、公明両党の厚い支援を得て支持を広げた。

 政治手法をめぐり「都政の私物化」との指摘を受けた石原氏は終始「説明不足があった」「最後の奉公を」と訴え、柔軟な姿勢を示した。環境対策などで国との対立軸を鮮明にし、独自策を打ち出してきた実績と指導力を強調。自公の組織票も固める手堅さを見せ、批判をかわした。

 石原都政を全面批判した浅野氏は情報公開の徹底で「都政転換」を強調。選挙中に2016年夏季五輪の招致に「反対」したが、ほかの候補とも訴えが重なり、有権者を引き付ける政策を提示できず、民主党によるてこ入れも及ばなかった。

 吉田氏は「開発重視の都政から福祉優先へ」と訴えたが、広がらなかった。建築家の黒川紀章氏(73)は「共生新党」を設立し、首都機能一部移転など独自策を示したが、浸透できなかった。発明家ドクター・中松氏(78)は苦戦した。

 戦後16回目の知事選は初めて当日有権者数が大台を超え、約1023万人となった。



★歓声と拍手に包まれる石原陣営、浅野陣営静まり返る

 首都の顔は、引き続き石原慎太郎氏(74)に決まった。8日午後8時すぎ、テレビ各局が石原氏の当選確実を伝えると、JR新橋駅近くにある石原氏の選挙事務所では、100人を超える支援者から「うわー」と歓声と拍手がわき起こった。

 立ち上がって画面を確認する人や笑顔で手を振る人。「良かった」「うれしい」と声を掛け合い、握手を交わす姿も。笑みを浮かべる石原氏のポスター前には赤いだるまが用意され、約20台のテレビカメラがずらりと並んだ。

 当初から優勢と伝えられていたためか、投票締め切り前から自民党の国会議員が事務所のスタッフと談笑する余裕も見せた。

 前宮城県知事、浅野史郎氏(59)の選挙事務所がある新宿のホテル会議室。応援メッセージを記した「100円カンパ」の青い封筒が壁一面に張られ、支持者らがテレビ画面を見守った。石原氏当確のテロップに一瞬どよめきが起きたが、その後は静まり返った。

 港区芝にある共産党推薦の吉田万三氏(59)の事務所では、慌ただしく動き回っていたスタッフが、石原氏当確のテレビ速報に無言のまま顔を見合わせた。

 建築家、黒川紀章氏(73)は赤坂にある自らの設計事務所で、大画面のテレビの前に陣取った。競馬のニュースを見ながら「ダークホースは黒川」と冗談を飛ばしていたが、テレビの速報に「参ったなあ」とこぼした。
スポンサーサイト
copyright © 2005 ニュース32ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。